赤ちゃんのスキンケア




1)アトピーとは何だろう?

「アレルギー」と「アトピー」の違い:「アトピー」は遺伝性のアレルギー

アトピーは必ずしもアレルゲンが原因とは言い切れず、アレルゲンだけを避ければ
すぐに治るものではない。
アトピーとは「非常に乾燥しやすい敏感な肌を持った遺伝的な体質」と考えた方が良い。

<アトピーの症状>
(1)生後2-3ヶ月頃から顔や頭に中心に湿疹が出始める。
(2)耳ぎれ(耳の付け根が切れる)を起こす。
(3)涙やよだれがつくと、湿疹が悪化する。


<アレルギー症状>
全身症状:アナフィラキシーショック/蕁麻疹
呼吸器症状:ぜんそく 他
皮膚科的症状:アトピー性皮膚炎/蕁麻疹脂漏性湿疹 他
耳鼻科症状:アレルギー性鼻炎/花粉症/滲出性中耳炎
眼科的症状:アレルギー性結膜炎/花粉症

その他、消化器症状、神経症状、泌尿器的症状など。



2)アレルギー疾患の増加と最近の生活環境

1、粉ミルクの普及
2、食生活の変化
3、住まいとダニ
4、大気汚染

<アレルゲンの例>

■ダニ:コナヒョウダニ/ヤケヒョウダニ
■ 食物:卵白/ミルク/小麦/大豆/ソバ/米/ゴマ 他
■ 花粉:スギ/ヒノキ/ブタクサ/ヨモギ/キリンソウ 他
■ 動物:ネコ/イヌ
その他、真菌など。



3)アトピーを防ぐために・・・


(1)スキンケア
■ こまめに保湿剤(夏ならローション、冬ならクリーム)を塗る。 (お風呂上がりはタオルドライのあとすぐに!)
■ よく泡立てた石けんで洗い、清潔にする。
■ 石けんは残らないようによく洗い流す。
■ 温めるとかゆみが増すので、夏場はシャワー程度。 冬は熱いお風呂に入りたくなりますが、お湯から上がってかゆさ倍増、 という事もあります。
■ お風呂上がりや汗など、肌についた水分はこすらずやさしくタオルドライ。
■ 爪はこまめに切る。
■ 洗濯には粉石けんなど界面活性剤を使用しない物や、出来るだけ少ない物を使用する。 柔軟仕上げ剤は使用しない。(柔軟剤も界面活性剤を使用しています)
■ 衣類のタグを外す。
■ 服は100%コットンなどの肌に優しいものを。 
■ ママの服も注意!毛糸の服では赤ちゃんはちくちくしますし、 フリースなどの化学繊維は赤ちゃんの皮膚を刺激します。

(2)飲む・食べる
■ 初めてのものは慎重に。
■ 離乳食はよく加熱する。

(3)生活習慣
■ 掃除はこまめに。
■ 布団は天日干しに。
■ たばこの煙は厳禁。
■ カーテンも忘れず洗濯。



4)食物アレルギーを予防する食生活

(1)動物性タンパク質、特に抗原性の強い卵、牛乳、肉類を減らし、魚介類を中心にとるよう心がける。但し魚卵は抗原性が高いので、いくら、たらこ、数の子は控えめに。

(2)食物の抗原性は一般的に、加熱することによって低下するので、動物性タンパク質は生では食べないように注意。特に鶏卵は加熱によって抗原性が著しく低下するので、完全に火を通してから食べる。

(3)油脂類を極力減らす。油脂に含まれる脂肪酸の酸化が進むとアレルギー反応を起こしやすくなるので、新しい油脂をなるべく少量使うように心がける。

(4)砂糖など、糖分をとりすぎない。糖分は腸管内真菌の増殖を促進し、食物アレルギーを悪化させる。

(5)加工食品、インスタント食品はなるべくつかわないように、手作りを心がける。

(6)できるだけ旬の食物を新鮮なうちに食べる。

(7)同じ食物を続けて食べず、間をあけて食べる。特に抗原性の高い動物性タンパク質に注意。

(8)食材の種類を多くする。

(9)よく噛んで楽しく食べる。すると唾液やその他の消化酵素がより多く分泌され、 消化がよくなる。




Copyright(C) 2003-2007 Lactinaclub All rights reserved.
inserted by FC2 system