夏の皮膚トラブル

汗をかいたらこまめに入浴やシャワーを(せっけんの使用は1日1回)。あせもや汗が刺激になって出来る湿疹を予防できます。
敏感肌の赤ちゃんは汗やほこり、汚れなどが肌につくと、数時間でかゆみや湿疹が出来ます。
外出先ならば、蒸しタオル、よく絞った濡れタオル(水分が残るとかゆみが出ます)などで拭くと良いでしょう。
汚れがたまりやすいのは、首筋・肘の内側・膝の裏側などです。タオルを押し当てて汚れや汗を取ります。
赤ちゃんの爪は短く切り、丸く仕上げると掻き壊しにくくなります。
(爪の表面を仕上げる様な目の細かいヤスリを利用するとやりやすいです) また、エアコンは上手に使いましょう。赤ちゃんにとって快適な温度は22〜24度、湿度55%位です。
エアコンの設定温度ではなく、赤ちゃんの寝ている枕元に温湿度計を置いて確認すると良でしょう。
自然の風にこした事はありませんが、現代の都市生活はアスファルトやコンクリートに囲まれていますし、関東から西の地方の梅雨〜夏の気候は、亜熱帯に近い蒸し暑さになります。


あせも
ほこりや汚れが大量の汗と混じって汗腺をふさぐために炎症が起こり、かゆみを伴う赤いぶつぶつが皮膚に発生する。肘・膝・脇・頸・股、衣類と摩擦する部分などに多く出来る。子供の場合はかきむしった傷から化膿し、「あせものより(汗腺膿瘍)」になる事もある。

[治療方法]
軟膏。あせものよりの場合は抗生剤の飲み薬も併せて使用する事がある。

[自宅でのケア]
入浴・シャワー・蒸しタオル・濡れタオルで汗や汚れを取る。裸より汗を吸う綿100%の衣類を着用する。
汗腺をふさぐ事で起こる疾患なので、ベビーパウダーは余り使用しない方がよい。保湿剤はクリームタイプやワセリンより、ローションタイプを。


とびひ
虫刺され・あせも・湿疹などに化膿菌が入り込んで水ぶくれができ、それを掻き壊す事で広がっていく。肌を汚い手で掻かないようにし、清潔に保つ事が大切。
なってしまったら、早めにしっかりと治療する。
熱が出てきた・治療を始めて2日以上たっているのに広がる、などの時は再度病院を受診しましょう。

[治療方法]
抗生剤の飲み薬(最後まで飲みきる事)+軟膏。

[自宅でのケア]
湯船にはつからずシャワーを。石鹸はあわ立て、やさしく患部を洗い流す。この時こすらない様に。
爪は短くし、1日に何度も石鹸で手を洗う。
プールは患部が乾くまで入るのはやめる。


水いぼ
1ミリ〜4ミリくらいの真ん中が少しへこんだつやのある小さなイボ。中の白い物がウイルスの固まり。痒くはない。
肌が直接触れる・引っ掻く・お風呂でこするなどすると他の場所にうつる。プールなどで感染すると言われているが、同じプールに入っただけでは感染しない。皮膚と皮膚との接触・ビート板やタオルの共有などでうつる可能性はある。
アトピー性皮膚炎の薬は免疫を抑制する働きがあるため、水いぼを増やしてしまう。
 
[治療方法]
水いぼのウィルスを直接やっつける薬は今の所は無い。治療方法は下の3つ。

(1)ウィルスに対する抵抗力がおよそ1年半〜2年くらいで出来るため、放っておいても治る。ただし、その間に数が増えることがほとんど。

(2)保育園、幼稚園・スイミングスクール等で治すように言われた場合は、イボを1つずつ摘んで取る。痛いので子供には辛い治療になる。化膿したり、もともと湿疹がある場合などの時は積極的に取らないといけない事もあるが、1度取ってもウィルスに対する抵抗力が出来なければ再発する事が多い。
再発したら数の少ないうちに取る。お家でお子さんが寝てる間にこっそり取ってしまうのも1つの方法。
硝酸銀や液体窒素で取る方法もある。

(3)水いぼが皮膚に寄生しづらくなる塗り薬や、免疫力を上げ、その結果水いぼを体の力で押さえていく飲み物(ヨクイニン・ハト麦エキス)で水いぼが増えるのを抑える方法もある。


参考資料:NHK「すくすく子育て・6月号」/ふじた皮フ科医院さん資料



▲ページの先頭へ


Copyright(C) 2003-2007 Lactinaclub All rights reserved.
inserted by FC2 system